『聴く力』をつけるLecture.22

聴くことは誤解されている 

コーチング★商店主専門コーチング



相手の話を聴くことが、わずらわしく感じてしまうことってありませんか?


これは、レクチャー20でご紹介したような
聞くことに対しての誤解が生まれているからなのです。

でも、話し手の立場からすると、
実は、こういうことを期待して話しているときというのは、
特別な場合を除いてほとんどありません。

自分が話したことについて第三者に対して、
意見を求めるということはあまりないはずです。 

どちらかというと、ただ聞いてもらいたいだけなのです。

話し手は、ただ聞いてもらっているだけで満足と思う場合が多いのです。

聞いてもらうことで自分のことを認めてもらっている。
受け入れてもらえていると感じることができます。

そうすると安心することができ、心が安定していきます。

私の息子が2歳の時、色々とわがままを言ってダダをこねることがあったのですが、
求めているものが手に入らない場合でも、息子の言っていることを、否定せずにただ受け止めてあげるだけで、ダダをこねることを止めることがしばしばありました。

自分の主張を受け入れられることで心が安定したんでしょうね。






コーチングを商売に活かしてモチベーションアップを実現し、
業績アップさせたい方はこちらもお読みください。
コーチング★商店主専門コーチング